第3回加齢画像研究会 京都

Posted: 10/20/2014 | Author: | Filed under: Irimoto Medical, 学会情報 | No Comments »

10月18日(土)、第3回加齢画像研究会が京都烏丸コンベンションホールで開催された。私煎本が司会を担当した午前中の乳房のセッションを中心に報告する。

聖マリアンナ医科大学ブレスト&イメージング先端医療センターの印牧義英先生はまずMRIの基礎を話された。本研究会には画像診断医だけではなく形成外科医、皮膚科医、解剖学者、化粧品や衣料関係者も参加しており、これらの画像診断を専門にしない参加者にもMRIの基本をわかりやすく解説し、本日のプログラム全体を理解するにも大変参考になったと思われる。また、 乳腺の生理周期や閉経による変化を実際の臨床例を用いて解説され、乳房の加齢性変化にあたえる乳腺構造の変化を画像で捉えられることが示された。さらに、腹臥位で撮像するMRIと背臥位で撮影するCTでの乳房の形態の違いを提示し、若年者のほうがその差が少ないことを示された。

亀田京橋クリニックの町田洋一先生は日常の乳癌の画像診断で撮像する乳腺の腹臥位MRIにおいて、腹臥位にもかかわらず乳頭が加齢により尾側に偏位していることに気がつかれ、報告された。すなわち、加齢により乳房の支持組織に非可逆的変化がおこり、重力とは関係がなく加齢により乳房が下垂する可能性が示唆された。

町田先生の報告を解説するように、次の演者のワコール人間科学研究所の岸本泰蔵先生の講演で提示された動画は衝撃的であった。小走りに走っている女性の乳房は激しく頭側に揺れ、引き戻される。その際、乳腺の支持組織のクーパー靭帯にもかなりの負荷がかかることが想像される。この負荷によるクーパー靭帯の非可逆的変化が加齢による乳房の下垂をもたらすことが想像される。

しかし、質疑応答において、この両者の間を繋ぐ画像診断学や病理学、解剖学的研究が不足していることがわかり、本研究会が進む目標が示されたセッションになった。

岸本先生は正しいブラジャーを付けて小走りをしても、乳房の動揺はおこらないことを示す動画も比較して紹介された。COIを考慮した上でもインパクトのある講演であった。

講演の内容の一部はワコール人間科学研究所のHPにも掲載されている。

http://www.wacoal-science.com/ageing/

特別講演には聖マリアンナ医科大学幹細胞再生医学講座の井上肇先生を招き、多血小板血漿(PRP)による再生医療の最先端技術と臨床の講演をしていただいた。再生医療の現場でも、その効果の客観的評価が求められており、本研究会のめざすところと一致することが確認された。

本研究会は発足してすでに3年が経過した。当初は、画像で加齢現象を評価できるということがクローズアップされていたが、いまや、評価した結果をどう抗加齢の予防や治療に応用するかという具体的な成果も求められるようになってきた。その方向性と成果によっては、本研究会が爆発的に発展する可能性もある。画像診断の新しい発展の方向として期待される。

写真は午後の一般演題のセッションを司会された東京医科歯科大学臨床解剖分野の秋田恵一先生と国際医療福祉大学放射線医療センターの奥田逸子先生。image


本年開催予定の主な画像関連学会情報

Posted: 01/2/2013 | Author: | Filed under: 学会情報 | No Comments »

 

第22回日本乳癌画像研究会

・2013年2月8日(金)・9日(土)
・京王プラザホテル

第32回日本画像医学会

・2013年2月22日(金)、23日(土)
・東京ステーションコンファレンス

第72回日本医学放射線学会総会

第69回日本放射線技術学会総会学術大会

2013国際医用画像総合展

・上記3つ全て2013年4月11日(木)~14日(日)
・パシフィコ横浜
Note:  2012年12月3日より宿泊案内を開始。

第21回日本乳癌学会学術総会

・2013年6月27日(木)・28日(金)・29日(土)
・アクトシティ浜松

第41回日本磁気共鳴医学会大会

・2013年9月19日(木)~21日(土)
・アスティとくしま

第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会

・2013年10月12日(土)〜14日(月・祝)
・名古屋国際会議場

2013年10月11日(金)~13日(日)に三重県鈴鹿市にて「F1日本グランプリ」が開催される影響により、名古屋市内や愛知県近郊の宿泊施設が満室となる見込みです。そのため、宿泊予約には十分ご注意いただき、早めの宿泊予約をお願いします。本大会ではJTBによるインターネット宿泊予約サイトをご用意します(現在準備中)。

※ 公式ウェブサイトより(1月2日現在)

Note: 演題募集2013年4月25日~6月13日

第23回日本乳癌検診学会学術総会

・2013年11月8日(金)・9日(土)
・京王プラザホテル

Radiological Society of North America Annual Meeting ,  RSNA2013

・2013年12月1日~6日
・McCormick Place Chicago
Note: Call for Abstracts deadline
4月10日(水) 12:00pm (Chicago Time)
4月11日(木)02:00am (Japan Standard Time)


RSNA2012 – Dr.Nakata’s Pick!

Posted: 12/15/2012 | Author: | Filed under: 学会情報 | Tags: | No Comments »

東京慈恵医科大学の中田典生先生

CandRofA Pressのウェブマスターです。
ツイートしておりましたように私もシカゴで開催されているRSNA2012に参加致しまして、東京慈恵会医科大学の中田典生先生にご協力頂きEducation Exhibitsの中から特にInformatics部門において気になる演題をご紹介頂きましたので私の私見も交えてお伝えしたいと思います。

Read the rest of this entry »


RSNA取材は終了しました

Posted: 12/1/2012 | Author: | Filed under: 学会情報 | Tags: | No Comments »

このCandRofA Pressは放射線科関連の情報を、読者の視線にたって、かつ迅速にお伝えするために立ち上げました。準備期間は少なかったのですが、RSNAにも専任スタッフを同行しレポートすることができました。

RadFanの編集部の多大なるご協力により、RSNAではpress登録をすることができ、取材に利便をはかっていただきました。また、RadFanとのコラボ企画も持つことができました。黒沢編集長を含め、同社のスタッフには感謝しております。

残念ながら、シカゴでは3本ぐらいしかリアルタイムのリポートはあげられませんでしたが、帰国後、できるだけ早く、追加のレポートをあげたいと思っております。

来年もさらに斬新で充実した企画を考えてゆきたいと思います。

CandRofA Pressにご期待ください。


乳がん検診、Tomosynthesisを有効利用するためには

Posted: 11/28/2012 | Author: | Filed under: 学会情報 | Tags: | No Comments »

Hologic, 3D Breast TomosynthesisのHands onに参加してきた。
火曜日午前中にHologic(以下H社)のBoothを訪問し、Hologic Japanの楠本さん、日立の田上さんからHologicの3D Breast Tomosynthesisについて説明を受けた。日本にはすでに12基ほどが導入されているそうで、education exhibitsでは静岡がんセンターからThe Emerging Role of Breast Tomosynthesisの報告もなされている。本法は管球とフィルムを振って目的の深さの部分のみの断層像を得る古典的なTomographyの手法をデジタル化したもので、近年乳がん診断の場に急速に普及している。基本的には通常のマンモグラフィ(2D)と断層画像(3D)の両方を撮影して診断に用いるが、断層画像のデータセットから擬似的に2Dを作成して、3Dのみの撮影ですませる”C-view”も開発され、FDAの認可待ちの状態だそうである。
Read the rest of this entry »


肺がん検診、incidental findings、皆さんならどうする?

Posted: 11/27/2012 | Author: | Filed under: 学会情報 | Tags: , | No Comments »

月曜午前のLung Cancer Screening: Update 2012のコースに出席した。NLST trialにより喫煙者・喫煙歴のある55~74歳において低線量CT検診が肺がん死減少効果があることを示したことを前提にしたセッションであった。最初にNLST trialの概説が行われたのち、CTを用いた肺がんスクリーニングの今後のありかたについて解説された。肺がん検診スクリーニングについてはLCCNやACCP/ASCOのガイドラインがあるが今後これらを実施してゆくに関して、広報や経済的などの問題点についての提案がなされたが、決定的な指針がしめされるまでにはいたらなかった。また、肺がん検診CTの普及につれて、読影を標準化する必要があり、乳がん検診のBIRADを参考にしたLung Radsのよな規約を作る必要性があることが示された。
Read the rest of this entry »


来年の日本乳癌検診学会は東京で開催

Posted: 11/19/2012 | Author: | Filed under: 学会情報 | Tags: | No Comments »

来年2013年の第23回日本乳癌検診学会学術総会は11月8日(金)~9日(土)、京王プラザホテル(東京)で開催の予定。会長は聖マリアンナ医科大学放射線科中島康雄教授。仮のテーマは”スマートな乳癌検診”。”ガイドラインの検証”や”メディカルスタッフの連携”などが議論される候補としてあげられている。


乳癌検診学会情報2

Posted: 11/14/2012 | Author: | Filed under: 学会情報 | Tags: , | No Comments »

第22回日本乳癌検診学会学術総会、学会共催企画4 US Hands-On(実際の装置とファントムを用いた個別指導)

本学会総会では関連の団体と共催で多くの企画が行われる。この企画もその一つ。会場には実際の超音波装置と乳房ファントムが準備される。参加者はまず第一日目午前の全体講義を受ける。講義は乳腺やその画像診断の初心者にもわかりやすいように、”マンモグラフィと超音波検査の違い”という点かも講義を受ける。その後指定されたHands-Onの時間には受講者は30分間一台の装置を割り当てられ、ファントムによる実技指導を受ける。写真は当社の社員保健師が指導を受けているところ。この受講者(左)は超音波の経験は全くなく、今日、始めての超音波装置の経験である。しかし、指導者は丁寧にプローブの持ち方から指導してくれた。当該保健師は普段扱っている超音波検査の実際について検査のエキスパートから指導を受け、少なからず検査の実際について理解ができ、検査結果処理に役立てると感じたようである。
Read the rest of this entry »


第22回日本乳癌検診学会学術総会 “プレジデンシャルシンポジウム日本のすみずみまで乳癌検診を”

Posted: 11/13/2012 | Author: | Filed under: 学会情報 | Tags: | No Comments »

“日本のすみずみまで乳癌検診を”は玉城会長があげられた本総会のメインテーマである。沖縄は離島が多いので、検診実施や受診率が低いのではないかと思われているが、実は離島は高く、那覇が一番低いのだそうである。実際、東京の受診率も低い。プレジデンシャルシンポジウム日本のすみずみまで乳癌検診はその実態を明かにし、対策を考えるために、企画された。
Read the rest of this entry »


Twitter

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

Links