第3回加齢画像研究会 京都

Posted: 10/20/2014 | Author: | Filed under: Irimoto Medical, 学会情報 | No Comments »

10月18日(土)、第3回加齢画像研究会が京都烏丸コンベンションホールで開催された。私煎本が司会を担当した午前中の乳房のセッションを中心に報告する。

聖マリアンナ医科大学ブレスト&イメージング先端医療センターの印牧義英先生はまずMRIの基礎を話された。本研究会には画像診断医だけではなく形成外科医、皮膚科医、解剖学者、化粧品や衣料関係者も参加しており、これらの画像診断を専門にしない参加者にもMRIの基本をわかりやすく解説し、本日のプログラム全体を理解するにも大変参考になったと思われる。また、 乳腺の生理周期や閉経による変化を実際の臨床例を用いて解説され、乳房の加齢性変化にあたえる乳腺構造の変化を画像で捉えられることが示された。さらに、腹臥位で撮像するMRIと背臥位で撮影するCTでの乳房の形態の違いを提示し、若年者のほうがその差が少ないことを示された。

亀田京橋クリニックの町田洋一先生は日常の乳癌の画像診断で撮像する乳腺の腹臥位MRIにおいて、腹臥位にもかかわらず乳頭が加齢により尾側に偏位していることに気がつかれ、報告された。すなわち、加齢により乳房の支持組織に非可逆的変化がおこり、重力とは関係がなく加齢により乳房が下垂する可能性が示唆された。

町田先生の報告を解説するように、次の演者のワコール人間科学研究所の岸本泰蔵先生の講演で提示された動画は衝撃的であった。小走りに走っている女性の乳房は激しく頭側に揺れ、引き戻される。その際、乳腺の支持組織のクーパー靭帯にもかなりの負荷がかかることが想像される。この負荷によるクーパー靭帯の非可逆的変化が加齢による乳房の下垂をもたらすことが想像される。

しかし、質疑応答において、この両者の間を繋ぐ画像診断学や病理学、解剖学的研究が不足していることがわかり、本研究会が進む目標が示されたセッションになった。

岸本先生は正しいブラジャーを付けて小走りをしても、乳房の動揺はおこらないことを示す動画も比較して紹介された。COIを考慮した上でもインパクトのある講演であった。

講演の内容の一部はワコール人間科学研究所のHPにも掲載されている。

http://www.wacoal-science.com/ageing/

特別講演には聖マリアンナ医科大学幹細胞再生医学講座の井上肇先生を招き、多血小板血漿(PRP)による再生医療の最先端技術と臨床の講演をしていただいた。再生医療の現場でも、その効果の客観的評価が求められており、本研究会のめざすところと一致することが確認された。

本研究会は発足してすでに3年が経過した。当初は、画像で加齢現象を評価できるということがクローズアップされていたが、いまや、評価した結果をどう抗加齢の予防や治療に応用するかという具体的な成果も求められるようになってきた。その方向性と成果によっては、本研究会が爆発的に発展する可能性もある。画像診断の新しい発展の方向として期待される。

写真は午後の一般演題のセッションを司会された東京医科歯科大学臨床解剖分野の秋田恵一先生と国際医療福祉大学放射線医療センターの奥田逸子先生。image


Twitter

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

Links