Opening Session: Patients firstの放射線診療とは

Posted: 11/26/2012 | Author: | Filed under: Irimoto Medical | Tags: | No Comments »

シカゴに到着後、早速会場に直行しOpening Sessionに出席した。会長のGeorge Bisset III 先生は今回の大会のテーマである、patient firstの意義を講演され、放射線科医が患者の側に立ち、信頼性を得ることが必要であることを説いた。

 

 

 

Opening Session Panel: Patients First

最初にBrigham and Women’s Hospital Plastic SurgeryのBohdan Pomahac先生がFacial Restoration by Transplantation and the Role of Novel Imaging Technology、の演題で4例の顔面外傷の患者さんの顔面移植の経験について話され、手術前後での解剖の把握、血行状態の把握・評価、さらには顔面神経の機能改善のためにCTやfMRIの有用性について話され、患者さんの立場にたった診療の重要性を話された。
偶然ではあるが、一昨年のRSNAでは私達の研究グループは形成外科医や解剖学者と共同で研究した“顔面の加齢性変化”にかかわる画像診断のpresentationを行ったが、学会の期間中に毎日発行されるDairy Bulletinの記事としてとりあげられ、注目をあびた。残念ながら、当時は日本の放射線学会での扱いはあまり大きいものではなかった。しかし、今年になり、新たに加齢画像研究会をたちあげて活動を始めたら、多くの放射線科医の賛同を得ることができるようになった。
私は放射線科医は癌などの生命延長を目的とするだけではなく、人のQOLをも支援するような仕事もしなければならないということを常に考えており、Pomahac先生の講演は非常に力づけられた講演であった。

The Doctor As Patient; The Patient As Advocate

肺がんの罹患歴のある二人の女性医師の講演であった。特に、Karen Arscott 先生は自分の肺がん検査時に放射線科医に冷たくあしらわれた経験を厳しく指摘された。放射線科医で満員の完全にaway状態の会場で、きつい口調でお話されるのは勇気がいるのか、昔年の恨みを晴らされたのかはわからないが、おそらく会長のBisset先生の放射線科医の現状に対する危機感を具体的に話す語り部として選ばれたのであろうと、真摯な気持ちで講演を聞いた。

我々放射線科医はPACS時代になると読影室に閉じこもり気味で、ともすれば、Bisset先生のおっしゃるように患者をIDで扱う傾向が出てしまう。特に、私のような遠隔画像診断に携わる放射線科医が常に戒めなくてはならないことである。私はこのことが一番気になっていたことで、そのためにも、週一回は某施設で乳腺外来を担当し、検診で要精検とされた受診者の診療を行っている。我々がともすれば流れ作業でつけた診断にどれだけ受診者が悩み・苦悩しているかを放射線科医は常に知るべきで、私はこの外来診療を行うことで、patient firstの画像診断を忘れないようにしている。

 


Twitter

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー

アーカイブ

Links